25年度函館大谷短期大学の公開講座から

「報道番組の現実と舞台裏」

  講師 BS朝日 編成制作局・企画・報道担当部長   江野 夏平 プロフィール テレビ朝日のディレクター兼カメラマンとして、中東やアフガニスタン等の紛争地・チリ災害・東北災害始め報道番組の制作取材を長く担当するテレ朝のスーパモーニングのチーフプロデューサ24年7月BS朝日に出向し2時間生放送『いま世界は』・「いま日本は」始め多くのニュース番組のプロデューサーを務める。

47歳 東京学芸大卒 早稲田大学院・講師

 

昨年の講演「ドキュメンタリーとは?」のパート2的講演で、私の報道取材の原点は、北海道南西沖地震で、TVでできなかった事があまりにも多く、反省会で上司に叱られ落ち込んでいたら、奥尻町の子供・親からの感謝の言葉で、自分のスタンスが決まった「何を制作者として伝えるか」ドキュメンタリーとは「制作者の“ 人間性そのもの”」とすれば、ドキュメンタリーこそ主観そのもので作られる作品だから、制作者の署名報道でなければならないと講演される。

10月19日(土)PM7:00~BS朝日 「いま日本は」にそれが反映されている。

H・KOBAYASHI