現代社会では少子高齢化が急速に進み核家族で世代間交流も少なく、そのため家族愛・隣人愛など人間関係の欠如が失われて、社会現象が崩壊されているのではないでしょうか。

超高齢社会になり、8割の高齢者は、健康で生きがいを求め意欲を持って再活動しようとしています。人材の再活用で、自ら修得した人生経験・知識・技能を次世代に伝承することが大切だと考えています。
私たち、函館生涯学習インストラクターの会では、今こそ豊かな高齢社会のモデルを像を提示するために実践活動として、生涯学習グループネットワークの組織化を試みたいと思っています。

① 各メンバーが自ら地域に活動拠点をつくる。
② 地域活動でリーダーとしての魅力ある人材を育成する。
③ 地域で活力の源である「住民参加」と「情報の共有」を広げる。
未来に夢と希望のある、生涯学習社会の輪を広げたい。

目 的

会員相互の情報交換及び交流・親睦を図り、会員の体験活動及び学習を通じて相互に資質の向上並びに生涯学習の普及・発展に寄与することを目的とする